What's new / 進学通信掲載記事 / 進学通信No.67-花園中学校・高等学校

進学通信No.67-花園中学校・高等学校
15
6月
  • 進学通信No.67-花園中学校・高等学校
  • 2017 . No.67 . School Update . 花園 . 進学通信 .
花園
スタッフとして参加した中1生が学校の魅力について語る。「英語やイマージョン教育の授業は、ネイティブと日本語教員のティームティーチング。英語に慣れ、自然とレベルアップしていくのを実感できます」(SGZコース・Nさん/左)「先輩たちがとてもやさしい。オープンキャンパスでそう感じて、受験を決めました」(Dコース・Hさん/中)「授業は難しく感じることもあるけど、そこにチャレンジする楽しさを先生が教えてくれます」(SGZコース・Kさん/右)

自らサポートを希望した生徒たちがお出迎え「。おはようございます!」と元気な声が響きわたった。

生徒がガイドをするキャンパスツアー。保護者の質問に答えたり、自身の学校生活の話も交えながら校内を案内。リアルな声が聞けるので、キャンパスライフがイメージしやすい。

休憩所に設置された“はなぞの会(PTA)と話そう”コーナー。保護者の目線から見た学校生活や生徒たちのようすなど、何でも気軽に質問できる雰囲気が魅力。

多くの参加者でにぎわった、理科実験のイマージョン授業。ネイティブ教員が英語で授業を進め、難しい作業の説明などは、日本人教員がフォロー。その絶妙のバランスで、“英語で考え、英語で学ぶ”同校の学習環境を体感。

1人1台iPadを所有し、教科に応じたアクティブラーニング型授業を導入している同校。この日はiPadでアメリカの農場に関するクイズに挑戦。「iPadで世界を見られる!」と実感しながら、グループワークに取り組んだ。

坐禅や授業、制服試着…
“花園で学ぶ自分”をしっかりイメージ!

生徒からも人気の『Skype英会話講座』。海外の講師による、インターネット通信を使ってのマンツーマン英会話レッスンを体験。生徒たちが側にいてサポートしてくれるので安心。リラックスして楽しむ姿が見られた。

国語・算数の入試解説授業。各教科2コマずつ実施されるため、両方を受けることも可能。ていねいな解説に聴き入る子どもたちの表情は、真剣そのもの。

座り方から姿勢、目線、呼吸法まで、きめ細やかな指導のもとに行われた坐禅体験。自分自身を見つめることが重要であること、こだわりや偏見を捨てるイメージを持つことなどを教えられ、場はほどよい緊張感に包まれる。

制服試着コーナーも設置。落ち着いた印象のジャケットに映える、上品な格子柄のスカート、伝統的な印象のレジメンタル・タイが特徴となっている。試着することで、学校生活を送る自分をより強くイメージでき、受験に向けてのモチベーションもアップ。

“禅のこころ”に基づく建学の精神と温かな校風を、オープンキャンパスで実感!

2016年度より、海外大学進学を目指す『スーパーグローバルZEN(SGZ)コース』と、国内難関大学進学を目標とする『ディスカバリー(D)コース』をスタートさせた同校のオープンキャンパスを取材しました。

当日は、建学の精神でもあり、グローバルに活躍できる人物へと成長するうえでの礎ともなる“禅のこころ”を育む坐禅のほか、英語教育、ICTを活用したアクティブラーニング型授業など、特徴的な取り組みを体験できるプログラムを用意。加えて、中高から約90名もの生徒がスタッフとして参加し、学校生活の雰囲気を体感できるイベントでもあることから、多くの親子が来訪。同校への関心の高さがうかがえます。

なかでも注目を集めたのが、外国人講師が英語以外の教科を指導する『イマージョン教育』です。電子黒板機能を用いたティームティーチングのもと、テンポよく進められる理科実験に、生き生きと取り組む子どもたちの表情、興味深く見守る保護者の方の姿が印象的でした。先生方や生徒に「来訪した方に何を感じてほしいですか?」という質問を投げかけると、「ありのままの本校を見てほしい」(中学教頭・森坂幸博先生)

「学校生活の楽しさを伝えたい」(中1生)と答えてくれました。グローバル社会を見すえた多彩な学びはもちろん、こうした言葉から伝わってくる温かな雰囲気にも触れることができ、受験生たちにとっては実り多き一日となったことでしょう。

学校情報