関西大学中等部・入試情報サイト
関西大学への高い内部進学率が魅力!

入試説明会実施中!

資料請求はこちら

関西大学とは

関西大学は、13学部・15研究科・1別学科を擁する、
日本を代表する総合大学です。

学理と実際との調和を図る
―学んだことを実際の生活や生き方に活かす―
という意味の「学びの実化(じつげ)」を教育理念としています。

開学130年の歴史の中で、常に時代の要請に応え、
学びの充実と新たな研究領域への挑戦に取り組んできました。

複雑で変化の激しい現代社会のさまざまな課題に対応できる人材の育成をめざし、さらなる教育体制の充実・発展に努めています。

関西大学の「併設校」としての魅力

関西大学の教育理念「学びの実化」に基づき、中・高・大同一キャンパスで一貫教育を実践するメリットを最大限活用し、「確かな学力」「国際理解力」「情感豊かな心」「健やかな体」の4つの力を育み、「高い人間力」を持つ人材を育成します。

「中学校・高等学校」ではなく、「中等部・高等部」としていることからも、関西大学の中等部・高等部における一貫教育に期待する想いが込められています。

そのため、中大連携や高大連携など、関西大学と絡めた授業・行事などを実施しています。

最大の魅力は大学進学!
高等部には関西大学各部への内部進学制度があり、さらに生徒が志望する場合は、関西大学に合格した後に、国公立大学を受験することが出来るのも魅力の一つです。

関西大学中等部 3つの特長

特長1:将来は国際社会で活躍できる人材に成長することができます!

6年一貫教育の中で徹底した語学トレーニングや多彩な国際交流プログラムを展開し、英語「考動力」(情報収集力・意見発表力・対話力・交渉力)を育成し、相手のメッセージを正確に受け取る力と英語で自分の意見を明確に表現する力を育てます。
英語教育に力を入れ、国際理解力を高めるために、授業でさまざまな工夫が取り入れられています。週7時間の英語授業を行うとともに、海外の学校との交流等を実施します。また、English Dayでは、外国人の演劇専門家による2日間の英語集中授業を行います。発声法、表情のつくり方やジェスチャーなど、表現力を含めた本格的なコミュニケーション力を育成します。 contents01_01_image01

海外研修旅行(カナダ)

◎事前学習
関西大学に在学している留学生と交流し、異文化間でコミュニケーションを図る練習を行います。また、フィールドワーク(京都)で、海外からの観光客にインタビューを行います。

◎カナダでの活動
バンクーバーでのフィールドワークでは、各グループが事前に設定したテーマについて、日本とカナダを比較しながら調査をします。また、
“Japanese Culture Festival”と名づけた、現地の方々に日本文化を紹介するイベントを開催します。そのほか、ビクトリア大学見学やカーリング体験も行います。

台湾短期交換留学(希望者対象)

交流先の学校では、プレゼンテーションで日本や住んでいる地域のことを英語で紹介し、互いの理解を深めます。また、中国語講座や現地校の授業などにも参加します。滞在中はホームステイで過ごし、ホストファミリーと交流を深めます。

英会話講座(希望者対象)

本校ネイティブ教員による、初級・中級・上級のレベルに分けての講座です。課外活動として、放課後に開講します。4技能を使ったコミュニケーション能力を身につけたい生徒はもちろん、外国人と話したい、苦手な英語を克服したいといった生徒も大歓迎です。

スーパーグローバルハイスクールロゴ

※関西大学高等部では、文部科学省の指定する「平成26年度スーパーグローバルハイスクール(SGH)」に選ばれました。
文部科学省が平成26年度から開始したこの制度は、高等学校等において、グローバル・リーダー育成に資する教育を通して、生徒の社会課題に対する関心と深い教養、コミュニケーション能力、問題解決力等の国際的素養を身に付け、将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーの育成を図ることを目的とした事業です。

contents01_01_image02

特長02:6年一貫教育ならではのカリキュラムで「確かな学力」を身に付けられます!

6年間の一貫教育ならではの計画的・継続的なカリキュラムを設定し、体系的に授業を行います。
発達段階に応じて繰り返し学ぶスパイラルアップ型のカリキュラムで「確かな学力」を発展的に身につけます。

スパイラルアップ型のカリキュラム

特長03:最新のIT技術を導入した、充実した環境で学校生活を送ることができます!

“All in One型”の高槻ミューズキャンパスのコンセプトは「オープンな学習環境」
全面人工芝グラウンド、大学と共有しているレストラン、PCが設置している多目的に
使えるオープンスペース等々「これが学校!?」と驚いてしまう程のホテルのように
洗練された設備・内装が自慢です。

授業においては、”自分のやりたいことを実現する”ことをコンセプトとしています。 IT環境も最新型設備を搭載。生徒ひとりにIDを発行して、他にも電子黒板等中身だけでなく環境面にも配慮しています。

中等部では入学してすぐに生徒一人ひとりがIDを持ち、学内のパソコン(Mac)を活用することが出来ます。 主に総合的な学習の時間や各科目の授業、海外旅行においてICTを利用します。入学して数カ月後には、生徒たちはPCやiPadといった情報機器を使いこなしてプレゼンテーションも出来るようになっています。

”使える”から”表現する”ツールとして活用しているのです。高等部ではさらにプロジェクト科目におけるフィールドワーク3年間を通じて取り組む「卒業研究」などにおいても、パソコンやiPadといった情報機器を駆使しています。

充実した施設を動画でチェック!学生生活を覗いてみましょう!

キャンパス紹介

部活動の様子


体育祭~団対抗戦~

メッセージ
関西大学中等部・高等部校長/鵜飼 昌男 校長からのメッセージ・分厚い英語力を武器に。「本校は関西大学の併設校として、「関西大学中等部・高等部」という名称で2010年4月に開校しました。」

2010 年4 月、関西大学の最も新しい併設校として誕生した本校は、関西大学と同様に「学の実化(じつげ)」を教育理念として掲げ、学理と実際との調和をめざしています。身につけた知識や技能を活用し、複雑な事柄を問題として理解し、答えのない問題に解を見出すことができる人材の育成が目標です。

高等部の成績上位層と国際交流に積極的な者の多くが、中等部からの内部進学生であることに強い手応えを感じ、本校では内部進学制度を柱としたシステムの確立に着手しています。実際、2015 年度に京都大学、大阪大学、神戸大学など、難関国立大学に合格した生徒のほとんどは内部進学生であり、今後の本校の発展は、この内部進学制度が鍵を握ると考えます。

中等部では、グローバル社会で前提となる英語教育に力を入れています。英語の授業を週7 時間設け、「聞く、話す、読む、書く」の4 技能を徹底的に養います。2016年度からの新しい取り組みとして、放課後に希望者を対象とした「英会話講座」を開講しました。ネイティブ教員による指導で、リスニング能力やスピーキング能力を高めます。

こうして鍛えた分厚い英語力を武器に、中等部第3 学年秋の海外研修旅行(カナダ)で得た達成感によって自らの成長を自覚し、高等部の中核を担っていくことを期待します。

高等部スーパーグローバルハイスクール( SGH )の取り組みも3 年目となりました。SGH の取り組みの中心となるのがプロジェクト科目です。中等部でそれにつながる科目として位置づけられているのが、「総合的な学習の時間」と「道徳(考える科)」です。「総合的な学習の時間」には奈良や京都などでフィールドワークを行い、「調べる、まとめる、発表する」能力の育成をめざします。また、「道徳(考える科)」ではシンキングツールを活用するとともに、生命や死と向き合い、高い倫理観を身につけます。

本校で過ごす6 年間でさまざまな交流を体験できます。国際交流、中高大連携、異学年交流などで刺激を得て、自らの可能性を広げたい。そんな児童の入学をお待ちしています。

先輩の声

在校生インタビュー 中等部第3学年鶴田真望さん

中等部第3学年鶴田真望さん

6年間で英語力を磨き、将来は日本と海外の架け橋に。

好きな科目は英語です。授業では、電子黒板で画像や動画を活用した授業を展開してくれるので、イメージが広がり、理解しやすいです。

また、海外からの留学生と接する機会が多く、コミュニケーション能力が伸びました。現在英検2級を取得していますので、卒業までに1級を取得したいと考えています。将来は英語力を活かし、世界を舞台に活躍するのが夢です。

イベント紹介

入試説明会

2016年9月3日(土)
2016年11月12日(土)
両日とも13:00~

関西大学 高槻ミューズキャンパス
北館4階アリーナ

 

※説明会終了後、個別相談会と校内見学会を行います。詳細はホームページでご案内します。

※入試説明会では入学願書を配布します。

※駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。

お問い合わせ 072-684-4326 イベントの申込みはこちら

入試情報

  • スケジュール
  • 入試問題の傾向と対策
  • 過去問題
  • 入試データ

募集人員 第1学年 共学 前期:約60名 後期:約10名
出願資格 2017年3月小学校卒業見込者

出願受付 2017年1月4日(水)~1月6日(金)

・簡易書留速達(1月6日の消印有効)【前期・後期共通】

出願書類
(1)入学願書(本校所定の用紙)
(2)写真(3カ月以内に撮影した上半身・正面・脱帽〔縦4.0cm×横3.0cm〕のもの)
※入学願書はこちらをご覧ください。

入学検定料 20,000円

納入期間 2016年12月21日(水)~2017年1月6日(金)13:00【前期・後期共通】

入学試験日 【前期】1月14日(土)筆記試験 【後期】1月16日(月)筆記試験

試験教科 出願時に(以下の①、②いずれかを選択して受験する。)【前期・後期共通】

①4教科(国語・算数・理科・社会 各100点満点)を受験し、
・4教科(国語・算数・理科・社会)の合計点(400点満点)
・3教科(国語・算数・理科)の合計点x4/3(400点換算)
・3教科(国語・算数・社会)の合計点x4/3(400点換算)
上記のうち、最高得点のものを受験生の得点とする。

②3教科(国語・算数・理科 各100点)を受験し、
合計点x4/3(400点換算)したものを受験生の得点とする。

①および②を一括して合否判定を行う

合格発表
【前期】2017年1月15日(日)12:00~13:00 掲示
【後期】2017年1月17日(火)12:00~13:00 掲示

入学手続期間
【前期】2017年1月16日(月)~ 1月18日(水)(1月18日の消印有効)
【後期】2017年1月17日(火)~ 1月19日(木)(1月19日の消印有効)

入学手続に必要な費用 入学金(入学登録金) 200,000円
・2016年度実績(2017年度は未定)
・銀行振込に限ります

合格者登校日(保護者同伴)
2017年1月25日(水)14:00~

入学予定者説明会(保護者同伴) 2017年3月4日(土)14:00~

入試問題の傾向と対策

入試広報より入試問題全体の傾向と対策について
※現在掲載されているのは2015年度入試です。2016年度入試は9月下旬公開予定。

本校の入試問題の出題において、全教科共通の大原則が2つあります。

1つは、前年度(過去問題)と大きく出題傾向を変えないこと。

問題の傾向、形式がわかっているということは、受験生にとって、本番で精神的な戸惑いがなく、焦ることがないという利点があります。
そのため赤本で過去問題にしっかりと取り組んでください。
そうすることで心にもゆとりを持って試験に臨めますし、点数にもつながり合格に近づくことができるでしょう。

もう1つは、
受験者平均点を55~60点に設定していること

2015年度入試では、合格最低点が232/400点で、数字だけを見ると約60%解ければ合格ということですが、本校はアラカルト入試を実施しているため、理科と社会の低い方の点数はこの最低点には反映されていません。ですから実際には全教科の点数を60%以上取る必要はないと言えるでしょう。
合格者を見ているとアラカルト入試で合格している受験生が圧倒的に多いですね。

これらの大原則をふまえて、各教科が問題の作成にあたっています。全体的に易しい問題ではありませんが、誰もが解けない超難問などはありません。全体として6割取れていれば合格ラインといえるのではないでしょうか。

また特徴的なのが、模試での合格ライン判定の整合性が非常に高いということと、入試説明会参加者の受験率・合格率がともに高いこと。本校を第1志望とする意思が強く、勉強にも力が入るので、このような結果が出るのでしょうね。

目標を持って塾でしっかり勉強し、過去問に必ず取り組む。
基本的なことですが、やはりこれが合格への近道となります。

各教科の傾向と対策はこちら(pdf)
※現在掲載されているのは2015年度入試です。2016年度入試は9月下旬公開予定。

過去問題

「算数」「理科」「社会」の過去問題を特別公開! 入試対策にお役立てください。
ご希望の教科の吹き出しをクリックすると、PDF画面が開きます。

4教科のうち、「国語」および「理科の問5」に関しては、著作権の問題で掲載することができません。
「国語」および「理科の問5」と2015年以前の過去問題は、市販の過去問題集をご購入ください。

※こちらの過去問題は当サイト(入試情報サイト)のみの特典となります。
お問い合わせをいただいても、郵送等での配布はいたしておりませんので、ご了承ください。

入試データ

さらに入試データの情報も公開しております。
希望の情報のPCをクリックすると、PDF画面が開きます。

  • 2016年度入試結果

    2016年度入試結果
  • 入学試験結果過年度推移

    入学試験結果
    過年度推移
  • 平成27年度入試大学合格状況

    平成27年度入試
    大学合格状況
  • 平成28年度入試大学合格状況

    平成28年度入試
    大学合格状況
よくある質問
全員が関西大学高等部へ進学できますか?
関西大学高等部への進学が基本となります。
一定の条件を満たせば進学することができます。
関西大学への進学状況について教えてください
皆一定の成績を修めて条件を満たしているので、
3年連続で志願者が100%関西大学へ進学していますし、
枠には十分余裕があります。学部も第3希望まで受け付けています。
国公立大学への進学は可能ですか?
国公立受験も認められており受験者も多く、
今年度は22名以上が国公立大学へ合格しました。
初等部からの生徒とうまくやっていけますか?
初等部の生徒とは別クラスではなく、同じクラスになります。
人数はちょうど半数ずつなので、不安はお互い様なのでしょう。
トラブルなく、すぐに仲良くなっています。
どのような生徒が多いですか?
明るくて素直で、勉強にも積極的に取り組む子が多いです。
服装や髪型など厳しく指導しなくても、皆きちんとしていますね。
昼食はどうなりますか?
月曜日から金曜日までは、食の安全とバランスを考え、
季節感を取り入れた給食を実施しています。