What's new / 進学通信掲載記事 / 進学通信No.60-大阪学芸高等学校附属中学校

進学通信No.60-大阪学芸高等学校附属中学校
29
6月
  • 進学通信No.60-大阪学芸高等学校附属中学校
  • 2016 . No.60 . 大阪学芸高等学校附属中学校 . 注目の学校 . 進学通信 .
大阪学芸高等学校附属中学校
大阪学芸高等学校に附属中学校が誕生!

2016年4月、“自分が主役の3年間”をコンセプトに、大阪学芸高等学校附属中学校が開校します。問題に直面したときに、自ら考え解決できる『21世紀型能力』を育成するため、言語・数・情報(ICT)を目的に応じて道具として使いこなす基礎力や思考力、判断力、行動力などを身に付けます。

求める生徒像やカリキュラムの特徴、隣接する完全中高一貫の大阪学芸中等教育学校との違いなどについて、中学校開校準備委員長の髙田義之先生にうかがいました。
「地元の公立中学校にはない落ち着いた環境で学びたい、あるいは小学校から続けているスポーツや芸術活動、特技などを続けながら勉強したい子どもたちも大歓迎で、一般入試のほかに、英語資格入試、特技入試、帰国子女入試などを設けます。カリキュラムは、入学時から難関大学入試を見すえて学ぶ隣接の大阪学芸中等教育学校に対し、本校では習熟度別のクラス編成は行わず、週35時間の豊富な授業数で“急がず、あせらず、着実に”中学課程の基礎から応用発展まで深く学習。勉強やクラブ活動、行事に積極的に参加できる学習環境の中、高校の各コースに対応できる学力をつけていきます」

特に英語教育には重点を置き、週6時間で教科書内容を完全マスターして、“読む・書く・聞く・話す”の4技能をバランスよく伸ばします。さらに週2時間の総合的な学習の時間を『国際理解教育』の時間として、授業で習った英語を積極的に使う体験学習を行います。
11月には“マルチカルチャーデー”を設け、さまざまな国籍の方々と交流。多様な価値観を受け入れる体験学習を通して異文化への理解を深めます。

生活面では、学級活動やクラブ活動、行事などを通して人間関係を築く力や、思いを相手に伝える力を育成します。ただし“ならぬことはならぬ”という規律を重んじ、いじめを許さず、あいさつや礼儀作法もしっかりと指導。新設される作法室では、みんなで落ち着いた環境をつくるために茶道体験なども行われる予定です。

そして、他の高校受験を希望する生徒がいる場合はサポートも行いますが、高校には『選抜特進』『特進理数』『特進看護』『特進』『進学』『国際』『特技』の7コースがあり、内部進学生は中学の成績や活動実績から選択できます。 “得意”や“特技”を生かし、一人ひとりが主役となって羽ばたく姿が目に浮かびます。

週6時間の英語授業で教科書を完全マスター

週6時間の英語授業で、3年間で全員が、英検3級以上の取得を目指します。さらに週2時間の総合的な学習の時間は『国際理解教育』を行います。
「修学旅行はアジアの英語圏を予定。希望者を対象に、中3の3学期に短期語学研修も検討しています」(髙田先生)
英語力をより伸ばしたい生徒は、高1・3学期~高2・2学期末の1年間、海外留学ができる大阪学芸高校の『国際コース』へ。現地学校での単位は認定されるので、高校3年間での卒業が可能です。

豊富な授業時間で基礎から応用まで学ぶ

カリキュラムの大きな特徴は、公立中学校よりも多い授業時間です。特に英数国の力をしっかりつけること。全教科の基礎となる国語力を強化するため、毎朝読書や書き写し、朗読などに取り組み、「読む」「書く」「話す」「聞く」の4技能をバランスよく基礎固めしながら思考力や判断力を養います。放課後は、ブーススタイルの『管理自習室』を平日は19時、土曜は18時まで開放。授業内容の定着を図り、予習復習の習慣を身につけて、自主的に学習できるように導いていきます。

放課後は自分の時間をフル活用

“高校附属の中学校”という特性を生かし、体育祭や文化祭などの学校行事やクラブ活動を通じて、交流を深めながら人間力をつけます。高校の部活動では、運動部、文化部ともに全国レベルで活躍する生徒も多いので、中学生のモチベーションも上がることでしょう。運動部も空手道や剣道、陸上、卓球、硬式テニス部が男女一緒に練習しています。どのクラブも新入生の入部に期待しています。高校には、スポーツや文化・芸術でとくに技能の優れた生徒のための『特技コース』もあります。

目標を具体的にした高校の学び

座学をしっかりと行い、基礎学力をつけ、これをもとに思考力を身につける教育を行います。
高校に内部進学する際は、中3段階での成績やさまざまな活動実績を踏まえ、高校の7コースからコースを選択。1人ひとりの生徒が希望進路へと羽ばたけるように導きます。
※1 進路目標や適性などにより変更できない場合もあります。 ※2 特技コースを除く全コースから入学後(4月)に留学希望を募りますので、1年留学が可能です。

学校情報