What's new / 進学通信掲載記事 / 進学通信No.60-大谷(京都)

進学通信No.60-大谷(京都)
12
5月
  • 進学通信No.60-大谷(京都)
  • 2016 . No.60 . School Update . 大谷(京都) . 進学通信 .
生徒会会長・MKさん(右)と副会長・TKくん(左)。
「裏方で目立たない仕事も多いけど、『私たちがこの行事を支えているんだ』という思いがやる気につながっています」(MKさん)「困っている人のために少しでも役に立てればと、盲導犬街頭募金活動なども行っています。最初は少し恥ずかしかったけど、たくさんの人が募金してくれて感動しました」(TKくん)

To Be Human(人となる)”をスローガンに掲げ、一人ひとりの生徒に活躍の場を与え、自分らしく成長できる教育を実践する同校。6月に開催されたオープンキャンパスでも、生き生きと輝く生徒たちの姿を随所に見ることができました。
にぎわう校内を案内してくれたのは、中学校生徒会の会長・副会長。つい先ほど、彼らは講堂の壇上にいました。教員による学校説明の後に、中学校生徒会主催の3択クイズを開催していたのです。

「せっかく来てくれた小学生のみなさんも、真面目な説明ばかりだと飽きてしまいますよね。そこで気分転換になり、かつ大谷のことをもっと知ってもらうための催しとして去年から3択クイズを始めました」(生徒会会長・MKさん)

同校では現在13名からなる中学校生徒会が、こうした行事の取り組みを始め、学内外で積極的に活動しています。「大谷は先生が良い距離感で見守ってくれ、生徒がのびのび過ごすことができる学校です」(生徒会副会長・TKくん)

「私も小学生のときに大谷のオープンキャンパスに参加して、私らしくいられる学校だと感じて入学を決めたんですよ。たくさんの人に来てもらって、この学校の魅力を知ってほしいです」(MKさん)

オープンキャンパスに参加していた小学生たちも、きっとその魅力を肌で感じたことでしょう。

約70組の小学生と保護者が参加したオープンスクール。「中学の男子の制服のボタンの色は?」など、生徒会主催の3択クイズにも多くの小学生が参加し、会場は盛り上がった。

年はあと1勝で全国大会というところで敗退してしまったホッケー部。中学生部員は31名。今年の目標はもちろん全国大会進出!

「初めて見る楽器がある!」「ちゃんと音が出せるかな?」。女子に人気だったブラスバンド部。

「中学野球部は部員が少ないぶん、みんながめっちゃ仲がいい。こんなに良いチームはないんじゃないかなと思っています」(中3・Sくん) 「中学生と一緒に練習できて楽しかったです。先輩たちはとても優しかったし、仲の良い感じがいいなあと思いました」(小学生)

大谷学園140周年記念のCMを作る企画に参加しているマルチメディア部。クラブ体験では小学生が、部員作のタイピングゲームに挑戦!

「女子バスケ部は男子バスケ部と一緒に練習していて、試合では声が枯れるまで互いに応援します。仲間との絆が強まるクラブですよ!」(中3・Fさん)
「ボールの持ち方や、シュートのときの足の使い方をわかりやすく教えてもらって楽しかったです」(小学生)

学校情報