What's new / 進学通信掲載記事 / 進学通信No.59-滝川第二

進学通信No.59-滝川第二
07
3月
  • 進学通信No.59-滝川第二
  • 2015 . No.59 . 注目の学校 . 滝川第二 . 進学通信 .

takigawadaini59

生徒たちの夢実現とさらなる成長のために

教育体制を進化させる

takigawadaini59-011984(昭和59)年に“真の文武両道”を目指して設立された滝川第二高校。2004( 平成16)年に開設された中学とともに、「至誠一貫」「質実剛健」「雄大寛厚」の校訓を軸に、豊かな人間力と高度な学力を育んでいます。
同校では、2016(平成28)年度から中高のコース改革が行われます。現在の高校は、『スーパー特進L』『特進L』『L』『C』の4コース。来年度からは、難関国公立大学を目指す『スーパーフロンティア』と独創性を伸ばしつつ国公立大学や有名私立大学を目指す『クリエイティブフロンティア』、スペシャリストを育成する『C』の3コースとなります。
「これらは生徒たちの進学希望と社会のグローバル化に応えるための改革です。『スーパーフロンティア』『クリエイティブフロンティア』は、英語力をさらに強化し、『C』は、スポーツや学習など特徴に合わせた3クラスに分けて生徒の技能を伸ばします。また、向上心や人間性の養成にもさらに力を入れ、国際的に活躍できるリーダーを育成します」(教務部長・山本晃久先生)


●目指す進路に合わせた多彩な新コース●

新たなコース制が2016年度よりスタート!
6年一貫教育を基本とする中学の各コースは、大学での学びと国際社会での活躍を見すえた研究力と英語力の養成を強化する『プログレッシブ特進一貫』とさらに高度な進学ニーズに応えていく『特進一貫』を設置。定員は、『プログレッシブ特進一貫』25名、『特進一貫』80名となり、中2から高2進級時には、成績や生徒の志望を考えながら、両コースでの入れ替えも行います。
高校では、「読む・書く・聞く・話す」の英語の基礎スキル習得と、ハイレベルな進学希望に応えることを目的とした『スーパーフロンティア』『クリエイティブフロンティア』を新たに設置。そして、学力のほかスポーツ、音楽など特別技能を伸ばしていく『C』を改編。定員は、『スーパーフロンティア』30名、『クリエイティブフロンティア』35名、『C』は3クラス合計100名に変更されます。


『スーパーフロンティア』では、現行の7時間授業を継続。国数英を重点的に学ぶ放課後講習では、新しく外部講師を招いて学習内容を強化する予定です。『クリエイティブフロンティア』では、海外留学プログラムを導入予定。現行の海外研修旅行も、現地での授業体験など内容を強化する予定です。
高校の改革に合わせて、中学では『プログレッシブ特進一貫』『特進一貫』『進学一貫』から、超難関国立大学を目指す『プログレッシブ特進一貫』、難関国公立大学を目指す『特進一貫』の2コース制となります。
「従来の『進学一貫』を廃止し、『特進一貫』を充実させます。『プログレッシブ特進一貫』の教育内容もより強化します」(入試広報室・角谷真吾先生)
高1で高校課程を修了する『プログレッシブ特進一貫』では、外部講師による特別講義などを予定。また、医大訪問やJAXA見学などを行う『プログレワンデー研修』、現地研究員と交流する中3の『ロンドン海外研修』ともに、研究力や英語力アップのためのさらに高度な内容を取り入れていきます。
新コースで、生徒たちはより高く、大きく成長することでしょう。


●国際社会のリーダー育成のために●

takigawadaini59-02中高6年間は、基礎づくりの期間と考え、新コースでも、クラブ活動の推奨やコース入れ替えなど、切磋琢磨できる環境を整えています。
「何事もベースとなる力が重要です。学習面では、深い思考力や英語運用能力、またスポーツや芸術面においても土台となる基礎力とチャレンジ精神を育み、大きく成長してほしいと考えています。生徒たちは、進学やスポーツ、芸術などさまざまな個性と夢を持っています。その一方で、今の社会では、国際的に活躍できる人材が求められています。こうしたニーズに応え、世界にとって有益な人間を育てるための今回のコース改革なのです」(常隂則之校長)


●変わらない文武両道の伝統●

takigawadaini59-03

 写真…陸上競技部 池川博史くん(2020年東京オリンピックダイヤモンドアスリート認定選手)

“文武両道”の精神は、設立以来、脈々と受け継がれている同校の伝統です。なかでも、同校が重点部活動に指定している野球・サッカー・卓球・剣道・陸上競技・ゴルフ・吹奏楽の7つのクラブは、兵庫県下はもとより全国大会でも輝かしい成績を収めています。その伝統は、新コースにも受け継がれており、高校の『スーパーフロンティア』『クリエイティブフロンティア』では、クラブ活動への参加が可能になりました(重点部活動は除く)。クラスでもクラブでも、仲間たちと触れ合い、お互いに高め合っていく全人教育は、新コース導入後も変わることのない同校の普遍的な教育理念です。

(取材・文/櫻井徹也  撮影/中森健作)

 

kininaru
koushikiwebhekihonjouhouhe

 

学校情報