What's new / 進学通信掲載記事 / 進学通信No.59-常翔学園

進学通信No.59-常翔学園
07
3月
  • 進学通信No.59-常翔学園
  • 2015 . No.59 . School Update . 常翔学園 . 進学通信 .

josho59

『クエストカップ2015全国大会』に出場

同校ではキャリア教育の一環として、実在の企業や先人を題材に「生きる力」を学ぶ『クエストエデュケーションプログラム』を導入しています。
中3生は先人たちのドキュメンタリー作品と自分史を1年かけて作成し、全国100校以上の中学校・高等学校が参加する『クエストカップ』に応募しています。
『クエストカップ』は『クエストエデュケーションプログラム』での取り組みの成果を発揮する場となっており、優秀作品が東京で開催される全国大会に進めます。同校はこの取り組みをスタートしてから2年連続で出場を果たしています。
2015年の『クエストカップ』全国大会には、「人物ドキュメンタリー部門」「自分史部門」の2部門に出場しました。

josho59-01
写真 『クエストカップ』の全国大会には、過去2年間同校から2チーム、個人では4人が出場した。「同大会を通じて大舞台で話す自信と度胸がつきました。この経験を生かして、高校でも全国大会にチャレンジしたい」と生徒たち。

josho59-02「人物ドキュメンタリー部門」で日清食品の創始者・安藤百福氏を取り上げました。人物ドキュメンタリーは、日本経済新聞のコラム『私の履歴書』を読み込み、主人公の年表を作るところからスタート。
「厳しい環境で努力を重ね、インスタントラーメン作りを成功させた安藤氏の生き方に興味を持ちました。全国大会への出場が決まると、内容をさらにブラッシュアップさせて本番に備えました。みんなの役割を考えたり、本番前日にパソコンのデータが消えて夜遅くまでまとめ直したりと、いろいろ苦労もありました。最初はチームにまとまりがなかったですが、積極的に声を掛けるようにしました。本番が近づくにつれて各自がするべきことを自覚し始め、士気が高まるのを感じました」(チームリーダー・Nくん)
写真 チームリーダー・Nくん

josho59-04josho59-05
写真 プレゼンテーションでは安藤氏の人生を寸劇を交えて発表するなど工夫を凝らす。
「最悪の状態に陥っても夢を諦めずにいた安藤さんはスゴイ。関西人のノリで笑いのシーンも盛り込んだストーリーに、審査員からも好評価でした」(Oくん)。
「おいしそうにラーメンを食べることに徹しました」(Yくん)
「ガツガツ食べるシーンは、審査員にインパクトを与えられたと思います」(Aくん)

josho59-03
写真 「人物ドキュメンタリー部門」に出場した5人。“すべては0から始まる”をテーマに、安藤百福氏が0(無)から苦労を重ね、インスタントラーメン作りを成功させた軌跡を描いた。


自分と向き合い、未来を模索する
『クエストエデュケーションプログラム』

josho59-11「自分史部門」では、未来の自分の姿を思い描きエッセイにまとめて朗読しました。
「あこがれの仕事に就くことができた自分を想像しながら書きました」(Mさん)
「どんな職業に就いても全力で頑張ることが大切だという視点でまとめました」(Dくん)
「この取り組みを通じて、生徒たちがやるべきことを自分たちで考え実行する力を確実に身に付け成長していくのを感じます。その経験と自信は、高校に進学してからも企業探究学習に生かされるでしょう」(入試部長・根来和弘先生)
写真 「自分史部門」に出場したMさん。「私は薬剤師になった未来の自分を想像したエッセイを発表しました。薬剤師になるための勉強や、患者さんとのふれあいを表現するため、摂南大学薬学部にも協力していただき、プレゼンテーション用のソフトを使って画像やBGMにこだわりました」

josho59-10
写真 『クエストカップ』の「自分史部門」に出場したDくん。「僕はまだ将来やりたいことがはっきりしてないので、まず大学の就職活動で悩む自分をイメージ。就職活動を通じて、どんな仕事に就いても責任を持ってやり遂げることが大切なのだと気付くという内容にしました。朗読では先生から語尾や訴えたい部分を強調するなど声の大きさや表現力についてアドバイスがありました」

topic-red

生徒の活躍を支える人工芝グラウンド完成!

6年間の学校生活を豊かにする多彩な施設を擁する同校。
2015年3月には北館低層棟屋上に全面人工芝の内庭グラウンドが完成しました。体育の授業や課外活動、各種行事で活用します。
josho59-09josho59-07
写真左 バスケットコート2面、バレーボールコート1面、テニスコート2面を備えたグラウンドが完成。
写真右 正門を入って右手にある『ニュートンのリンゴの木』。「子どもたちに夢を与えたい」と、2011年の新校舎完成に合わせて植樹。

(取材・文/大松有規子)

kininaru
koushikiwebhekihonjouhouhe

学校情報