What's new / 進学通信掲載記事 / 進学通信No.55-親和

進学通信No.55-親和
28
10月
  • 進学通信No.55-親和
  • No.55 . 私学最前線 . 親和 . 進学通信 .

shinwa

「学力」「心」をバランスよく育み
社会で活躍できる自立した女性に

 

 将来必要な力をつけるための日々の学び 

神戸で最も歴史のある女子校として127年の長きにわたり、多くの女性を社会に輩出してきた同校。2014年から「学力」「人間力」「国際力」の進化を図る2コース制を導入しました。
難関国公立大学進学を目指す『Sコース』は、朝学習、夏期・春期講習、勉強合宿をはじめ、英語、数学の授業時間拡大や体験学習の場を多く設けています。
『総合進学コース』は、勉強とクラブ活動を効果的に両立させ充実した学校生活を送りながら、多様な選択肢の中で自分に合った進路を目指します。またどちらのコースにおいても行事や体験学習を通じて、ひと・女性として必要な素養を身につけていきます。

親和02Sコース探求 従来から行われてきたキャリア教育に加え、4月からスタートした『Sコース』の『探究』の授業(中1〜高2対象)は、生徒自らが調べ、考え、体験して仲間とともに議論し、発表することが基本。文献や史料の解釈、分析、検証に取り組み、探究のための基本的なスキルを養う。

DSC_0082 DSC_0031

(写真左) 教室以外にも職員室周辺や進路指導室前にいつでも相談できるよう小さな机を設置。生徒の要望から生まれたもの。先生の親身な対応は欠かせない。
(写真右) グローバルに活躍できる語学力を養うために、ネイティブ教員による英語の授業も充実。語学力だけでなく、国際的な視野と思考力を養うための貴重な時間。国内英語キャンプ、海外ホームステイ、オックスフォード英語・文化研修などの取り組みも。

 親和04「127年の歴史と伝統を基本に、本校独自の全人教育を、時代の変化に合わせて進化させたもの--それがコース制です。広い視野を持ち、周囲の人と協力し合い、温かな心配りができる。向上心を持ち、成長することに喜びを感じられる女性を育てる。今後も時代に即した取り組みを行うことはあると思いますが、本校の基本的な教育の姿勢が変
わることはありません」
(教頭・井坂かおる先生)
 生徒たちは、学校生活のすべてを学びの場として、日々、成長しています。


 

 2014年5月3日に行われた生徒主体の文化祭。 実力と団結力を発揮!  

親和07

文化祭の見どころの一つ、書道部による『書道パフォーマンス』。ピロティ(中庭)に詰めかけた大勢の観客が見守る中、ダイナミックな演技と見事な筆さばきを披露。音楽に合わせて10mの巨大な半紙に、校訓を書き上げた彼女たちには惜しみない拍手が。
「書道部のパフォーマンスが始まったのは5年ほど前のこと。部員が自主的に企画して始めたものです。この企画力、行動力に親和らしさを感じます」(井坂先生)

親和06 親和05

(写真左) 液体窒素を使った実験を披露した理化部。野菜やスーパーボールを瞬時に凍らせ、来場者の目をくぎづけに。部員同士の仲のよさも伝わり、教室は和やかな雰囲気に包まれていた。
(写真右) 『宇宙戦艦ヤマト』『スーパーマン・マーチ』を演奏し、観客をわかせた器楽部。中高の部員70名が心をひとつにして奏でた素晴らしい音色が講堂に響き渡った。同校では約85%の生徒がクラブ活動に参加しているため、文化祭のパフォーマンスはクラブ単位で行われる。

親和09 親和11 親和08

(写真左) テディベア、フェイクスイーツなどハンドメイドグッズの販売やミニクラフト教室を開催した家庭部。参加した子どもたちにやさしく話しかけながら、手ほどきをする部員の姿がほほえましい。
(写真中) ピロティでは、『男装コンテスト』『ビンゴゲーム』などがあり、大いに盛り上がる。
(写真右) ワッフル、アイスクリーム、ドーナツなどのスイーツからハンバーガーなどの軽食まで、模擬店も大盛況。

親和10親友会(生徒会)が中心となって企画・運営する文化祭の最後を飾るのは、生徒たちが輪になって踊る『マイムマイム』。観覧に来た大勢の卒業生も飛び入りで参加し、踊りの輪は次第に大きくなる。
「白カバンとマイムマイムは、親和生をつなぐ絆です!」

親和13行事に全力で取り組む親和生スピリット!! 笑顔にあふれた生徒たちは、準備までの日々を思い出し、達成感でいっぱいに!

(取材・文/近藤早智子  撮影/中森健作)


 

kininaru

koushikiwebhe kihonjouhouhe

学校情報